【ある日のレッスンから】突然講師を頼まれちゃった編


妹尾さんのセミナー会場

こんにちは!声となり空間の岡部です。

本日は、税理士としてご活躍中の妹尾学さんのレッスンをちょっとだけご紹介♪ 妹尾さんは、以前セミナーをご受講くださり、「ぜひ人前で話す機会が出来たら個人レッスンをお願いします」と、おっしゃっていただきました、そんなとても有難い生徒様です。

 

1. まずはカウンセリング


勤務先の税理士事務所がある地域の税務署から、講師のご依頼があったという妹尾さん。
そして、その税務署からPowerPointのスライドと、説明用の原稿も渡されていました。

 

妹尾さんのセミナー資料

 

が、しかし! さすが、お役所文書!! 分かりにくい(笑)
そして、この分かりにくさ。役所出身者としては懐かしい(笑)←役所関係者の皆様、ごめんなさい^^;
ただ、いらっしゃる方は初心者の方ばかり。分かりやすく、かつ「記帳してみよう!」と思って頂かなくてはいけません。

そのための声の出し方と説明の仕方のレッスン、そして先方から与えられた内容を大きく変えない程度のアレンジなどが必要かと、判断しました。

 
2. いざレッスン!


①まずは、第一声が大切。

「こんにちは、○○△△です」

これを、一番後ろの方に声を飛ばすイメージです。

プレゼンのイメージカット

 

②正しいマイクの持ち方

正しいマイクの位置

 

  • マイクのヘッドと口の間は、こぶし1個分開ける

近いとハウリングを起こしやすい。特に、パピプペポ・バビブベボなど息を強く吐く音を出すとき、「ボン」という息の音をマイクが拾いやすくなります。また、マイクと口が近いとついついボソボソと話しがちです。

 

  • マイクの角度は45°前後が理想

本来は、顔に対して直角に向けるのが、声を最もよく拾ってくれます。

しかし、それですとお顔が隠れますし、長時間キープするのは意外と腕が疲れます。

かといって、お顔と平行もNG。間を取って、45°前後をオススメしています。

 

原稿を話し言葉に直す

 

税金特有の小難しい言い回し。

なぜなら、法律の文言をそのまま原稿にしてしまっているからでした!

そんなわけで、ひとつひとつ手直し・・・

例えば。

  •  賃貸の用に供するためにマンション→賃貸用のマンション
  •  ○○を要しない→○○は必要ではない
  •  授受される→受けられる

 
あまりにも無駄に!!?(失礼^^;)文章を難しくしているように思えて、妹尾さんと時折吹き出してしまいつつも、1時間分のセミナーを一緒に直させていただきました。

 

レッスンと本番を終えて、妹尾さんよりメールを頂きました!


記帳説明会、無事に終わりました。
何とか、ある程度安定して発表することができたと思います。

昨晩の時点から緊張したり、開始前も多少あたふたしたりしたのですが、
岡部先生に以前教わった「聞いている人たちは決して敵ではない」ということを思い出して落ち着くことができました。

ちょっとマイクの持ち方で、下を向いたあと顔を上げたり、左右を見たりしたときにマイクがずれる感じが時々ありまして、
その都度しっかりマイクに声をあてることを意識しないとだめだなぁとは思いました。

終わってみればとても楽しい仕事でした。
これからこういう仕事どんどんやっていきたいです。
(今回は不動産所得でしたけど次は事業所得など)
そのときはまたぜひよろしくお願いします。

そして、事前に練習しておいて良かったです。
あの岡部先生との2時間の練習があったからこそ、それなりにできたのだと思います。
あれが無く一人でやっていたら無理だったかもしれません。
今回は本当にありがとうございました。
とっても助かりました。本当にお世話になりました。

 


 

妹尾さん、ありがとうございました。

こんな有難いお言葉を頂けて、本当に嬉しいです。
レッスンでは技術的なことをお教えする時間がどうしても多くはなりますが、
一番お伝えしたいのは「話すのって意外と楽しいじゃん!」ということでした。
そこに気づいていただけて、講師冥利に尽きます。
そして実は、妹尾さんのように前向きに捉えられる方ほど、
伸びも早いなと実感しています。
恐らく、これは声や話し方に限らず、
どんな習い事にも言えるような気がしております。

ありがとうございました。

 


 

声となり空間では、講演・研修のご準備を一緒にさせていただいています。

通常は、「生徒様の話したいことをカウンセリングで引き出す」ということを

真骨頂のひとつにしておりますが、今回の妹尾さんのように原稿がある程度

決められている場合も、その中での受講者様の満足度を上げられるよう、

お手伝いさせて下さいませ。

 

次はあなたの講座でも! 是非一度ご相談下さい!

コースと料金