現役キャリアコンサルタントのイタすぎる就活失敗談


TV番組「しくじり先生」のパロディイメージ

来年春に卒業予定の大学生らを対象とした会社説明会が、今日解禁され、今年の就職活動がスタートしました。

短期決戦とも言われていますが、キャリアコンサルタントの一人として、

このブログを読んでくださっている方の幸せを願わずにはいられません。

 

そんな私にも、当然新卒での就活やその後の転職活動があったわけですが、

まぁそれはそれは、キャリアコンサルタントとしては恥ずかしいくらいの

「しくじり」をたくさん犯してしまいました

 

「私みたいにはならないでいただきたい」という願いを込めて、

ここで恥さらしをさせていただきます。

 

 

しくじりその1.「私はこんなにできるのよ!」と自慢する 


 

高校3年生でユニバーサルデザインのホームページを立ち上げ、

大学生の頃から講演講師にお招きいただいていた私。

(詳しくはプロフィールをご覧下さい)

 

講座終了後は接待を受け、美味しいものをごちそうになり、

中には飛行機がビジネスクラスだったこともあります。

おバカな私は、当然天狗になりました。

 

そして、思ったのです。

「私は仕事ができる」「どの会社だって私が欲しいはず」

 

しかし、特に新卒では「できるヤツ」より「一緒に働きたいヤツ」

求められます。だって、新卒ですから、できるわけがないんです。

こんな生意気なヤツより、できないことを認めて吸収してくれる方が

後々よっぽど戦力になるのです。

 

もちろん、「○○は誰にも負けません」とご自身をアピールいただくのはOK!

ただ、「私は何でもできる!」と勘違いしていたために、

本心を見透かされてしまったのかもしれません。

30社、見事に「さようなら」でした。。。。。。

 

 

しくじりその2.イメージだけで大手志向 


 

15年前、自分がとりあえず知っている企業を片っ端から受けていきました。

上記の30社のほとんどが、あなたもご存じの会社かと思います。

 

しかし、学生が知っている企業なんて、たかが知れています。

ご存じですか?

日本の会社の98%は、中小企業であるという事実を。

つまり、ほとんどの会社は知らない会社です。

裏を返せば、知られていない会社が日本を支えているのです。

 

私は、大手志向を否定するつもりはありません。

ただ、なぜ大手ばかりを目指すのかを考えていただきたいのです。

  • 知名度が高い。→知名度が高いことが、自分にもたらすメリットは?
  • 給料が高い。→一概には言えません。自分の受ける会社の給与水準は?推移は?
  • 福利厚生がしっかりしている→実際に使いたいサービスが揃っている?

このように、一歩、そのさらに一歩と踏み込んで考えていただきたいのです。

そうしますと、自分の奥底に眠っていた価値観に気づいたり、

その企業についてより深く調べたりできるのです。

 

 

しくじりその3.日常業務を知らずに受ける


 

学生さんの中に、よく「企画をやりたい」「(公務員では)政策を作りたい」と

おっしゃる方が多くいらっしゃいます。素晴らしいことです。

 

しかし、ほとんどの企業・役所は、入社していきなり企画・政策立案はできません。

何年も下積みを経て、そのような部署・役職に就くケースが多いです。

 

27歳で市役所へ転職した際、何を隠そう、「公務員=政策を作る仕事」と思い込んでいました。

ただ、それ以前に市役所職員は事務職なのです。

(ここでは割愛しますが)私は事務に向いていない・・・当然ドロップアウト。。。

 

総合職採用の場合、職種毎に日常業務が異なるため、事前に把握するのに限界はありますが、

OB/OG訪問ができる場合は、是非とも確認をお勧めします。

 

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

就活ではたくさんの悩みが生まれます。

こんなしくじりをたくさん犯してしまった私ですが、

そんな私だからこそあなたのしくじりは責めません(笑)

いつでもお話を伺います。あなたの幸せな内定、そして未来のために。

 

コースと料金