挨拶をさらに明るい印象にする3つの方法


挨拶のコツ

こんにちは!声となり空間の岡部茜です。アクセスありがとうございます。「声となり空間」は、話すためのボイストレーニングにキャリアカウンセリングの要素を加えた、他に類を見ないサービスを展開しています。

 

新年度を迎えて早10日過ぎ。いかがお過ごしでしょうか。 新しい職場に行かれた方は、慣れない環境に戸惑ったり、時には失敗なさることもあったり。でも、誰しも初めは初心者! ご自分のペースで着実に歩かれていくことをお祈りしています。 さて、そんなときでも大事なのは、挨拶!! 基本中の基本ですが、やっぱり基本って大事です。今日は意外と知らない、挨拶のコツをお伝えします☆

 

 

1. 笑顔


基本中の基本。「何を今更」ですよね。でも、新入社員の方より、数年経った方の方が笑顔が硬いような・・・・・・。

笑顔がなぜ大事かと申しますと、口角が上がるだけで表情が明るくなるだけでなく、キー(音の高さ)が上がります。そのため、より明るい印象になりますし、やる気・熱意・信頼を印象づけることができます。

 


2. 一番遠くの人に声を届ける


声は小さすぎてもいけませんが、大きすぎてもいけません。そこで、挨拶を届けたい人・場所の中で、自分から見て一番遠くの人に届けるという意識で、「おはようございます!」と挨拶しましょう。先日のブログ「居酒屋でスルーされたら」の時と同様です。

 


3. 2音目を高く発音する


  • お”“ようございます
  • よ”“しくおねがいします
  • あ”“がとうございました

2音目を高く言うことで、不思議なことにより明るい印象になります。またその分息を多く吐くことになるため、ハキハキと滑舌良く聞こえるので、一石二鳥です。

 

参考になれば幸いです。

挨拶を皮切りに、良い人間関係を築いていかれることをお祈りしております。

追記:4月下旬のレッスン予約をスタートしました。詳しいスケジュールはこちらから。

コースと料金