「声となり空間」のレッスン内容とそれにかける想い


こんにちは!声となり空間の岡部茜です。 本日からブログを始めます。皆様の役に立てるような情報を少しでも配信していけたらと思っております。どうぞよろしくお願いします。

 

「声となり空間」は、ボイストレーニングにキャリアカウンセリングの要素を加えた、他に類を見ないサービスを展開しています。

今でこそ話すためのボイストレーナーを名乗って活動しておりますが、10年以上前は滑舌が悪く、家族からでさえも聞き返される始末でした。楽しい話題で盛り上がっているときに、家族が「えっ?何??」・・・一瞬で冷めます。口喧嘩していたって、こちらがどれだけ正論をぶつけたって、聞き返されているようでは説得力ゼロです。 そんなある日、自分の話す模様を映像で見る機会がありました。そして、なぜこんなにも聞き返されるのか納得してしまうほど、それはそれはひどいものでした。「これではいけない」と思い、アナウンススクールの門を叩いたのが、ラジオパーソナリティーそして声の世界に入るきっかけとなりました。以後10数年に渡って、たくさんの先生からいろいろなレッスンを向けてきました。

皆さんにはもっと簡単に、気軽に、あわよくば短期間で(笑)身につけられるようなレッスンを展開していきたい。私が生徒だったらすぐに通いたくなるような教室を目指していきたいと思います。

 

そしてキャリアカウンセリングとの出会いは、手足の障害があってなかなか思うように力が発揮できなかったこと、家事と仕事のバランスにつまずいたこと。そんな折、とある女性カウンセラーさんとの出会いが、当時の私を救ってくれました。日頃明るい彼女が私の落ち込んでいる気持ちまで降りてきてくれる・・・その感覚がとても心地よかったのを、今でもはっきりと覚えています。「私もこんな人になって今度はキャリアに悩んでいる人を救いたい」と、キャリアカウンセリングを学び始めました。そして、あのカウンセラーさんがやっていたことは“共感”というものだったことや、人の話を引き出すスキルなどを、少しずつ身に付けてまいりました。

 

冒頭の繰り返しになりますが、「声となり空間」は、ボイストレーニングにキャリアカウンセリングの要素を加えた、他に類を見ないサービスです。けれどその中身は、話し下手が始めたものであり、身体に障害があってキャリアにつまずいた者です。 しかし、だからこそなぜあなたの話が伝わらないのかが分かります。話し下手の方の気持ちも理解できます。そしてカウンセリングを通して、あなたが何を伝えたいのかを引き出し、必要に応じて内容も一緒に考えます。

声の出し方を教えてくれる教室はたくさんあります。しかし、それと合わせて話の中身まで一緒に考えてくれるところは、なかなかないと自負しています。また、声の出ない原因がスキルではなく、心理的なものなどに起因するのであれば、ご相談の上ボイストレーニングからカウンセリングに切り替えることもあります。

 

「声となり空間」は、「声は人なり」「人となり」を掛け合わせて私が作った造語です。その方の性格やその時の体調・気分が、身体の中を伝って、口から「声となって」発せられます。だから、嘘もつけないし、逆に磨けばもっと光るのです。

 

これまで多くの方に声となり空間のレッスンに足を運んでいただきました。 例えば、

  • 講師デビューを控えた方:広い会場でも通る声の出し方と同時に、観客を喜ばせる雰囲気作りや最後の宣伝の仕方まで、いろいろとお伝えいたしました。そして、最終的にはセミナーは大成功を収め、嬉しいお問合せもあったそうです。
  • 接客業の方:お店の雰囲気やお客様層をまずは丁寧に伺い、その雰囲気に合った声の出し方や応対についてご提案いたしました。
  • 私と同じように障害のある方:自分の得意不得意をどのように表現して説明するのかを、一緒に考えさせていただきました。

 

どの方も本当に熱心に受講くださり、大変感謝しております。次はあなたの番! あなたのコミュニケーションの悩み・キャリアの悩み、ぜひ聞かせてください!!お待ちしております。

 

コースと料金