3つの特長

「声となり空間」は、話すためのボイストレーニングにカウンセリングの要素を加えた、他に類を見ないサービスで、あなたらしい話し方を徹底的にサポートします!

① 話す上での「心技体」をトータルで考える

話す上での心技体

スポーツの場面でよく語られる「心」「技」「体」。話す場面でも、実は重要なことです。

元々の意味は、

■ 身体の発育 ・・・・ 「体」
■ 勝負術の鍛錬 ・・・ 「技」
■ 精神の修養 ・・・・ 「心」

 

これを話す場面に置き換えますと、

『心』 ・・・ 「この会社に入りたい」「相手への好意を伝えたい」「この商品が好きだ/売りたい」という想い
『体』 ・・・ これまでの、人に何かを伝えた経験から生まれた、自分なりに積み上げてきたもの、伝わらなかった時の苦い経験など
『技』 ・・・ 発声や滑舌、その他表現力など

となります。

 

「声となり空間」では、初回にまず「心」の部分を伺います

■ なぜその商品を営業したいのか。

■ あなた自身はその商品のどこに惹かれたのか。

■ その商品を使うとお客様はどうなるのか、どうなってほしいのか。

■ そもそもあなたがその会社になぜ入社なさったのか。

・・・そんなカウンセリングから熱い「想い」を引き出します

 

そして、お客様はどんな方なのか。年齢は?性別は?お店や会社の雰囲気は明るいところ?落ち着いたところ?

今まで、何年・何十年と話してきて、「伝わらなかった」「もっとこう言えば良かったかも」・・・そんな悔しい想いも是非聞かせて下さい。

 

その上で、あなたの「想い」をあなたの「お客様」に伝えるために、

どんな声・どんな話し方が良いのか、「技」をお伝えします。

 

その「技」を是非レッスン翌日から使って下さい。

上手くいく場面もあれば、そうでない場面もあるかもしれません。

その「体」=経験をまた教えて下さい。また「技」をご提案します。

そうして、その繰り返しにより、あなただけのあなたらしい「声」「話し方」が磨かれていきます。

 

すると、「あなたに接客してもらいたい」「あなたから買いたい」と、お客様から一目置かれる存在になりますよ!

② お一人お一人のキャラクターを活かした、多様なご提案

_DSC1252 のコピー

TVを観ていると、いろいろな人の話を聞いていると、決して上手ではないけれど伝わってくる人・・・います。

明るくて、かわいらしい、甲高い声の人。

渋くて、朴訥として、味のある人。

冷静で、落ち着いて、ゆっくりと話す人。

頭の回転が速く、よどみなく言葉が出てくる人。

 

「声は人なり」という言葉があります。

声に、その方の性格はもとより、その時の気分や体調までもが反映されてくるのです。

 

「声となり空間」はアナウンススクールではありません。誰もが皆ハキハキとアナウンサーのように話すことを目指す場所ではありません。

 

あなたの強み・キャラクターを活かした「想い」の伝え方を、一緒に考える声の伴走者です!

③ レッスンもセミナーもオーダーメイド

_DSC1441 のコピー

レッスンでもセミナーでも、限られた時間の中で「来て良かった」と思って帰っていただきたい。

そのために、毎回「今日いらした目的」を伺い、セミナーではレジュメに、レッスンではカウンセリングシートにご記入いただきます。

そして、終了直前に必ずその目的を果たせたかを確認いたします。

 

おかげさまで、満足度が高いと大変ご好評を頂いております。


なお、レッスン毎に記録を残し、記録そのものを生徒様にもお送りし、復習や振り返りにお役立ていただいております。